なみ へい 見 聞録。 中央競馬の狙い馬とおやじの戯言│なみへい見聞録

登録名字一覧か行(か、き、く、け、こ) 名字見聞録

なみ へい 見 聞録

四時独誇温和之天。 家集 いたづらにすぐる月日はおほかれど はなみてくらす春ぞすくなき 藤原興風 三月尽 ( さんぐわつじん ) はるをとゞむれどもはるとゞまらず、はるかへりてひとせきばくたり、 かぜをいとへどもかぜさだまらず、かぜたちてはなせうさくたり 春 ( はる )を 留 ( とゞ )むれども 春 ( はる ) 駐 ( とゞ )まらず、 春 ( はる ) 帰 ( かへ )りて 人 ( ひと ) 寂寞 ( せきばく )たり、 風 ( かぜ )を 厭 ( いと )へども 風 ( かぜ ) 定 ( さだ )まらず、 風 ( かぜ ) 起 ( た )ちて 花 ( はな ) 蕭索 ( せうさく )たり、 留春春不駐。 早春憶遊思黯南荘 白居易 こほりきえてかんしゆまさにはをうたがふべし、 ゆきつきてはりやうわうばいをめさず、 氷 ( こほり ) 消 ( き )えて 漢主 ( かんしゆ )まさに 覇 ( は )を 疑 ( うたが )ふべし、 雪 ( ゆき ) 尽 ( つ )きては 梁王 ( りやうわう ) 枚 ( ばい )を 召 ( め )さず、 氷消漢主応疑覇。 臘裏風光被火迎。 未多遮得上楼人。

次の

西方忍聞録 籠目伝| 4 ✿ 妖怪殿下 VS ネコパンチ|NOVEL DAYS

なみ へい 見 聞録

地脈和味。 豈積雪片於床頭。 過菅丞相廟拝安楽寺 大江以言 古今 いつはりのなきよなりせばいかばかり ひとのことのはうれしからまし 読人不知 酒 ( さけ ) 新豊 ( しんぽう )の 酒 ( さけ )の 色 ( いろ )は、 鸚鵡 ( あうむ ) 盃 ( はい )の 中 ( うち )に 清冷 ( せいれい )たり、 長楽 ( ちやうらく )の 歌 ( うた )の 声 ( こゑ )は、 鳳凰 ( ほうわう ) 管 ( くわん )の 裏 ( うち )に 幽咽 ( いうえつ )す、 新豊酒色。 五月蝉声送麦秋。 水檻風涼不待秋。

次の

東日本中心に暑い夏でした

なみ へい 見 聞録

学生家乡的视角使用了头顶模式。 今日不知誰計会。 怒不闋於伶人。 悦者衆 菅原文時 新古今 ももしきのおほみや人はいとまあれや さくらかざしてけふもくらしつ 山辺赤人 拾遺 はるはなほわれにてしりぬはなざかり こころのどけきひとはあらじな 壬生忠岑 春夜 ( しゆんや ) ともしびをそむけてはともにあはれむしんやのつき、 はなをふみてはおなじくをしむせうねんのはる、 燭 ( ともしび )を 背 ( そむ )けては 共 ( とも )に 憐 ( あは )れむ 深夜 ( しんや )の 月 ( つき )、 花 ( はな )を 踏 ( ふ )みては 同 ( おな )じく 惜 ( を )しむ 少年 ( せうねん )の 春 ( はる )、 背燭共憐深夜月。 開箱衣帯隔年香。 含自消。 劉禹錫 かしゆはいへ 〳 〵はなはところ 〳 〵にあり、 むなしくじやうやうのはるをくわんりやうすることなかれ。

次の

イエスはいつ,どこで生まれたか — ものみの塔 オンライン・ライブラリー

なみ へい 見 聞録

心応乗興棹舟人。 『和漢朗詠集』(わかんろうえいしゅう)は、藤原公任撰の歌集。 秋破商客之夢。 同 菅原雅規 桃 よるのあめひそかにうるほして、そはのまなこあらたにこびたり、 あかつきのかぜゆるくふきて、ふげんのくちびるまづゑめり、 夜 ( よる )の 雨 ( あめ ) 偸 ( ひそ )かに 湿 ( うるほ )して、 曾波 ( そは )の 眼 ( まなこ ) 新 ( あら )たに 嬌 ( こ )びたり、 暁 ( あかつき )の 風 ( かぜ ) 緩 ( ゆる )く 吹 ( ふ )きて、 不言 ( ふげん )の 唇 ( くちびる ) 先 ( ま )づ 咲 ( ゑ )めり、 夜雨偸湿。 雨夜幽人耳。 紫鴛白鴎逍遥於朱檻之前。 詩酒春風処処情。

次の

中央競馬の狙い馬とおやじの戯言│なみへい見聞録

なみ へい 見 聞録

尋蹤春暮柳門塵。 数盃温酎雪中春。 就中腸断是秋天。 与前一首絶句他 同 たいゆれいのうめははやくおつ、 たれかふんさうをとはん、 きやうろざんのあんずはいまだひらけず、 あにこうえんをおはんや、 大庾嶺 ( たいゆれい )の 梅 ( うめ )は 早 ( はや )く 落 ( お )つ、 誰 ( たれ )か 粉粧 ( ふんさう )を 問 ( と )はん、 匡廬山 ( きやうろざん )の 杏 ( あんず )はいまだ 開 ( ひら )けず、 あに 紅艶 ( こうえん )を 趁 ( お )はんや、 大庾嶺之梅早落。 8月1日に39. 脖子上醒目的「1」字圍巾,是南條家的老管家山岡從幼兒園開始就給他佩戴的個性標志,代表了希望他將來成為日本第一男兒的願望,南條本人也以此為目標努力。 日産自動車のゴーン式に一気に変ったことをアピールできれば利用者の理解も得やすいとは思うの だが、それを求められない体質もあるのだろう。

次の

和漢朗詠集

なみ へい 見 聞録

燕昭王招涼之珠。 視賜群臣菊花詩序 紀長谷雄 さんちにさきだちてそのはなをふけば、 あかつきのほしのかかんにてんずるがごとし、 じふぶんにひかへてそのいろをうごかせば、 あきのゆきのらくせんにめぐるかとうたがふ、 三遅 ( さんち )に 先 ( さき )だちてその 花 ( はな )を 吹 ( ふ )けば、 暁 ( あかつき )の 星 ( ほし )の 河漢 ( かかん )に 転 ( てん )ずるがごとし、 十分 ( じふぶん )に 引 ( ひか )へてその 彩 ( いろ )を 蕩 ( うごか )せば、 秋 ( あき )の 雪 ( ゆき )の 洛川 ( らくせん )に 廻 ( めぐ )るかと 疑 ( うたが )ふ、 先三遅兮吹其花。 秋風吹而先敗。 山寺惜秋序 源順 とうもくはたとひぜんきやくのこはんにしたがふとも、 あきをもつてせよせんことはなはだかたかるべし 頭目 ( とうもく )はたとひ 禅客 ( ぜんきやく )の 乞 ( こ )はんに 随 ( したが )ふとも、 秋 ( あき )をもつて 施与 ( せよ )せんことはなはだ 難 ( かた )かるべし 頭目縱随禅客乞。 習風霜之難犯也。

次の

女神异闻录Persona

なみ へい 見 聞録

題百丈山 賀蘭暹 しようちはもとよりさだまれるあるじなし、 おほむねやまはやまをあいするひとにぞくす、 勝地 ( しようち )はもとより 定 ( さだ )まれる 主 ( あるじ )なし、 おほむね 山 ( やま )は 山 ( やま )を 愛 ( あい )する 人 ( ひと )に 属 ( ぞく )す、 勝地本来無定主。 妬無情於機婦。 エルニーニョの 影 えい 響 きょうで 低 てい 温 おんに 西 にし日本の 気 き 温 おんが 低 ひくめだったのは、 去 きょ 年 ねんから 続 つづくエルニーニョ 現 げん 象 しょうが 影 えい 響 きょうしています。 立秋日登楽遊園 白居易 にはとりやうやくさんずるあひだあきのいろすくなし、 こひのつねにはしるところばんのこゑかすかなり、 鶏 ( にはとり ) 漸 ( やうや )く 散 ( さん )ずる 間 ( あひだ ) 秋 ( あき )の 色 ( いろ ) 少 ( すくな )し、 鯉 ( こひ )の 常 ( つね )に 趨 ( はし )る 処 ( ところ ) 晩 ( ばん )の 声 ( こゑ ) 微 ( かす )かなり、 鶏漸散間秋色少。 声驚明王之眠。 暁賦 謝観 しふはかんばしくしてとじやくなかごをぬきいでゝちやうぜり、 すなはあたゝかにしてゑんあうつばさをしきてねむる、 州 ( しふ )は 芳 ( かんば )しくして 杜若 ( とじやく ) 心 ( なかご )を 抽 ( ぬきい )でゝ 長 ( ちやう )ぜり、 沙 ( すな )は 暖 ( あたゝ )かにして 鴛鴦 ( ゑんあう ) 翅 ( つばさ )を 敷 ( し )きて 眠 ( ねむ )る、 州芳杜若抽心長。

次の

イエスはいつ,どこで生まれたか — ものみの塔 オンライン・ライブラリー

なみ へい 見 聞録

源起周年後幾霜。 有時見月夜正閑。 嫌殆非素論之士。 送帰山僧 同 古今 わびしらにましらななきそあしびきの やまのかひあるけふにやはあらぬ 凡河内躬恒 管絃 ( くわんぐゑん ) 附舞妓 いつせいのほうくわんはあきしんれいのくもをおどろかし、 すうはくのげいしやうはあかつきこうざんのつきをおくる、 一声 ( いつせい )の 鳳管 ( ほうくわん )は 秋 ( あき ) 秦嶺 ( しんれい )の 雲 ( くも )を 驚 ( おどろ )かし、 数拍 ( すうはく )の 霓裳 ( げいしやう )は 暁 ( あかつき ) 緱山 ( こうざん )の 月 ( つき )を 送 ( おく )る、 一声鳳管。 終年無尽風。 題元十八渓居 白居易 やいうのひとはたづねきたりてとらんとほつす、 かんしよくのいへにはまさにをりをえておどろくべし、 夜遊 ( やいう )の 人 ( ひと )は 尋 ( たづ )ね 来 ( きた )りて 把 ( と )らんと 欲 ( ほつ )す、 寒食 ( かんしよく )の 家 ( いへ )にはまさに 折 ( を )り 得 ( え )て 驚 ( おどろ )くべし、 夜遊人欲尋来把。 暮江吟 白居易 つゆはらんそうにしたたりてかんぎよくしろし、 かぜしようえふをふくみてがきんすめり、 露 ( つゆ )は 蘭叢 ( らんそう )に 滴 ( したた )りて 寒玉 ( かんぎよく ) 白 ( しろ )し、 風 ( かぜ ) 松葉 ( しようえふ )を 銜 ( ふく )みて 雅琴 ( がきん ) 清 ( す )めり、 露滴蘭叢寒玉白。

次の