秋田 魁。 株式会社 秋田魁新報社は、こんな会社です!

株式会社 秋田魁新報社は、こんな会社です!

秋田 魁

是非、お読みいただきたい一冊です。 (明治17年) - 秋田青森函館新報と改題、函館で発行。 11母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。 (平成10年) - を開設。 (大正14年) - 県内8カ所に通信部を置く。 「蹈正勿懼」(せいをふんでおそるるなかれ)、「文章報国」を社是とし、地域と読者の視点を大事にしながら、充実した紙面づくりに努めています。

次の

こんにちは秋田魁会です

秋田 魁

スタッフがハンドマイクで「この最初の放送では、その場で耳を傾けるということでお願いします」と叫ぶ。 出典:1959年10月及び1960年9月と10月のラジオ・テレビ欄(大館市中央図書館で閲覧)から。 日 - 秋田茶町菊ノ丁(現在の秋田市大町二丁目)に印刷所「聚珍社」が設立される。 イベント• あきた経済 (火~土曜日) キーワードは「秋田経済の活性化」。 秋田歳時記あれこれ(月曜? 9加盟当時はSKT静岡県民放送。 秋田旬吟醸は平成2年に誕生しました。

次の

こんにちは秋田魁会です

秋田 魁

(昭和43年) - 本紙連載企画「吹っ飛ばせ 県民病」が新聞協会賞を受賞。 7月2日 - 秋田県出身の女優・の等身大別刷り紙面を「元気まで届ける新聞」として発行。 担当者の思い込みが原因で、チェック作業も不十分だったという。 秋田魁新報の広告原稿例 秋田魁新報への掲載の他、朝日・読売・日経などの全国紙や日本全国の地方紙・業界紙・英字新聞など、新聞広告の事なら直接窓口を持つ弊社まで、お気軽にお問い合わせ下さい。 時間がない中、リターンの酒を選んだり、サイトの文章を考えたり…。

次の

株式会社 秋田魁新報社は、こんな会社です!

秋田 魁

(秋田魁新報との資本関係はないが各種イベントの共催・後援などでの協力関係あり) ラジオ• 1加盟局が運営・出資する(CSチャンネル) 2旧TBSは2009年に現TBSに放送免許を譲渡。 【会社名】八重寿銘醸株式会社 昭和26年、東京市場での秋田県産酒の販売拡大を目指し、日本酒類販売株式会社(略称・日酒販)の提唱で、県下の酒造家10社の統一銘柄を販売するための会社が発足しました。 (明治16年) - 主筆に木堂を迎える(数ヶ月で帰京)。 (昭和25年5月号で終刊)• 10月 - 羽後新聞を 遐邇新聞と改める。 2014年11月6日. その後、在京メディア各社の報道は、秋田県内の配備候補地を秋田市の陸上自衛隊新屋(あらや)演習場と名指しするようになっていった。 民間企業の動向もきめ細かく伝えます。

次の

【さらなる目標に向かって】秋田・仙北平野の「酒蔵と酒米農家」を応援するプロジェクト|FAN AKITA(ファンあきた)

秋田 魁

なお、日曜日には当該週の「」(NHK総合 月〜土 8:15 - 8:30 12:45 - 13:00、BSプレミアム 月〜土 7:30 - 7:45 23:00 - 23:15 土 9:30 - 11:00)のあらすじを掲載している。 70年代後半から80年代後半までは、他県のテレビ局の掲載が、東北放送から山形放送に変わり、(ただし、午後0時以降の掲載は変わらず)ラジオは、旧ラジオたんぱ(現。 2014年11月9日閲覧。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 「大学生・社会人」「中学生・高校生」「小学生」の3つの部門に分けて審査を行い、最優秀賞、審査員特別賞、優秀賞、入選の全30編を決定しました。 ここに載せきれなかった情報もたくさん掲載されています。

次の

株式会社 秋田魁新報社は、こんな会社です!

秋田 魁

今年もはがき、封書、メール、ファクスなどにより、海外からも含めて4039編の応募がありました。 異様なミサイル避難訓練 脳裏によみがえる光景があった。 県内の産業、経済界の動き、国や県の経済政策などを、さまざまな切り口で分かりやすくお伝えします。 タイトル表示も「SAKIGAKE ABS NEWS」に変更。 10代の声も積極的に拾い上げていきます。 さきがけABSニュース(ABSテレビ) [ ] 「さきがけABSニュース」は、秋田魁新報が協力する(秋田県・)のミニ県内ニュース番組。 親子で楽しめます。

次の