ステゴサウルス 折り紙。 ステゴサウルスを折り紙で!特徴捉えるとこんな感じ?

ステゴサウルスを折り紙で!特徴捉えるとこんな感じ?

ステゴサウルス 折り紙

「この工程が終わったら、洗い物をして、ドライブに行く」 という妻との約束があったのですが… いつまで経っても終わらず、危うく放棄するところでした(ドライブを)。 多少細かい折り目も出てきますが、 他の恐竜の折り紙に比べれば全然楽勝です。 ここまでは簡単でしたね。 足は直角になるように作り、顔は尾とまっすぐになるように注意して作ると上手にできます。 とは言ったものの。

次の

折り紙の「ステゴサウルス」の簡単な折り方

ステゴサウルス 折り紙

sakusaku858. なお、ここに紹介している作品は高井氏のご厚意によるもので、無断転載は禁じます。 jp このベロキラプトルは102個の工程で作ることができます。 何度チャレンジしても、平面にならない。 私の頭はスパークし、爆発する寸前です。 恐竜の中でも特徴的な背板のためメジャーな一種ですね。 つまむように引き上げて折ります。 少しずつすり減る私の精神。

次の

ステゴサウルスの折り方解説

ステゴサウルス 折り紙

残りの3か所も同様に折りましょう。 【26】 横の中心線を谷折りで半分に折ると、頭と口のある胴体の完成です。 対角線に折り目をつけます。 裏返すと、この様になっています。 半分に折って折り目をつけます。 クオリティは…ご覧のとおり。

次の

折り紙教室/恐竜シリーズ/ステゴサウルス

ステゴサウルス 折り紙

今日は、日曜日の奮闘記をお届け。 何とか恐竜らしい形には仕上がったものの、中身はアラだらけです。 背板の折り方 まず背板の折り方を見ていきましょう。 自立もギリギリです。 血の池、針の山、焦熱… それから、ステゴサウルスの工程78地獄です。

次の

折り紙教室/恐竜シリーズ/ステゴサウルス

ステゴサウルス 折り紙

少し時間はかかるとは思いますが意外と簡単に折れるので、是非チャレンジしてみてください。 ステゴサウルスは「Stego=屋根に覆われた」という言葉が由来です。 折り方• 赤い線と青い線を合わせるように折ります。 角の位置で図のように折り目をつけます。 体長は2m、体重は15kgほどと推測されています。 このようになります。

次の

折り紙インチキ職人のブログ:「ステゴサウルス」 折り紙

ステゴサウルス 折り紙

内側を開くようにして折ります。 【9】 下側もそれぞれ同じように折り返します。 【23】 左から右側へ裏返して、右の角を両足が重なる位置まで折り返します。 横から見ると こうなっています。 コミュニティーバスのような小型のバスだと、7m位だからそれよりも全然デカいってことです。 全盛期のジュラ紀に登場する恐竜では、首の長いスーパーサウルスとかブラキオサウルスなど、巨大な恐竜が多くいた時代なんですよね~ その中でも好きな恐竜の一つがコレ、 ステゴサウルス! 全長9mで、割と大型の恐竜ですよね。

次の

折り紙で恐竜を作ろう!簡単からリアルなものまで折り方をご紹介

ステゴサウルス 折り紙

恐竜・動物系の折り紙は、手足や顔の部分がどうしても細かくなりますけどね。 【5】 左側も同じように上下に開いて折りたたみます。 【22】 左側の角も横の中心線に合わせて折ります。 今つけた折り目を内側に折り込むように中割り折りします。 少し時間はかかりますが手順自体は簡単でこどもでも折れると思うので、ぜひチャレンジしてみてください。 そして、久しぶりに「できねぇ!」という絶望感にも直面。

次の