デサント ランニング シューズ。 デサント「GENTEN

デサント 「デサント」でランニングシューズ市場に参入

デサント ランニング シューズ

ストライド1. 最初は経理課に配属。 こちらはフルマラソンのタイム4時間前後を目指す一般ランナー向けランニングシューズで、上位モデルよりも、フラット&幅広なソールを搭載。 ブルックス 2900• 岡本製甲 66• 掲載されている価格は消費税込みの価格となっております。 もし自分に合ったシューズがわからないという方はお問い合わせください あなたの動作、足部、競技に合わせたシューズのフィッティングや選択をお手伝いします 最後までお読みいただきありがとうございます. このグラフェンの発見と研究によって2010年ノーベル物理学賞を受賞した2人の博士を有する イギリスのマンチェスター大学とシューズブランド「イノヴェイト」が世界で初めてスポーツシューズのアウトソールラバーにグラフェンを搭載することに成功しました。 GENTEN-RC(ゲンテン-RC)は、フルマラソンをサブ3で走るような上級ランナーのための1足。 0cm 片足重さ】約224g DR-MOVE 一般ランナーの毎日の練習用シューズ、もしくはすべてのレベルのランナーのオフシーンにも最適なスタイリッシュなランニングシューズ。

次の

【楽天市場】DECENTE デサント GENTEN

デサント ランニング シューズ

フィット性がめちゃくちゃ良い! まずこの3種類共通して言えることが フィット性の良さ 日本人の踵は比較的小さめと言われているため、それに合わせたヒールカウンターとなっており、ハマりが非常に良い。 奇をてらったテクノロジーは搭載していないが、大辻氏のインタビューにもあるように、「走るための機能をあたりまえに保持する」シューズであることが、短時間の試走でも理解することができた。 この部分に関しては他ブランドと比較しても決して引けをとらないと思います。 シューズの機能性に走りを合わせるのではなく、機能が日本人の足・走りに合うシューズをデザインすることが出来ればファンになってもらえるのではないかと考えた。 着地時にグラグラする感覚はないので、ビギナーランナーにも向いているだろう。

次の

デサント「GENTEN

デサント ランニング シューズ

サロモン 3051• ゆっくりとしたペースのジョギングやボリュームゾーンであるマラソン4時間前後のランナーには、最適であると感じた。 塩尻和也選手が履きます! 3000m障害でリオデジャネイロオリンピックに出場、ジャカルタアジア大会で銅メダルを獲得している塩尻和也選手がアドバイザリー契約をしており、このシューズの完成には彼も関わっているそうです。 上位2機種と異なり、GENTEN-STにはグラフェンアウトソールを用いていないが、アスファルトやコンクリートといった舗装路では高いグリップ性能を発揮してくれた。 0cm片足):約224g 商品特徴: ・上位モデルよりも、フラット&幅広なソールでの安定感 ・サイドのサポートを強化し、適度なフィット感 ・ミッドソールを他の2モデルに比べ厚めに設定し、クッション性(=サポート)を重視 ・一般エリートランナーの練習用シューズとしても可能. 薄底シューズが好きな人にはおススメですが、私のように多少クッションがあるのが好きな人は次のGENTEN-STが合うでしょう。 GENTEN-EL(左)、GENTEN-ST(右)、GENTEN-RC(奥)の3種類が12月に発売される 日本人の足を創る『新・薄底』シューズ 野球やスキーを筆頭に、トレーニングウェアなどのスポーツアパレルに強みを持つブランドのデサント。 5 注文から2〜7日後より順次発送 26 注文から2〜7日後より順次発送 26. 今回はそのプレスリリースの様子と実際の試履感をお伝えしようと思います。

次の

デサント「GENTEN」シリーズ 薄底シューズ考察

デサント ランニング シューズ

フルマラソンのタイム4時間前後を目指すランナー向けランニングシューズ「GENTEN-ST(Speed Training)」の3型を発表。 フィット性は高く、着地から蹴り出しまでのロスは非常に小さいでしょう。 ELはエリートの略で、カーボンプレート搭載の最上級モデルです。 自社の開発拠点施設であるDISC(DESCENTE INNOVATION STUDIO COMPLEX)での検証実験を重ねて、新感覚の1足を完成させた。 開発に2年余りをかけたというこのシリーズは、『日本人の足や走り方に合うシューズを作る』というコンセプトに基づいて設計された。 カーボンプレート GENTEN-ELのソールユニットには軽量性と剛性に優れたカーボンプレートを配すことで、安定性を高めると同時に抜群の推進力を発揮してくれる。 意図的に幅はやや広めかつ、かかと部分も丸めに作っていると思われますが、これは日本人の足に合わせているようです。

次の

デサント「GENTEN

デサント ランニング シューズ

3つのデサントシューズのレビュー 製品発表会の後、実際に3つのシューズを筆者が履き比べてみた。 しかし、それまでとは違う刺激を与えることによって、体はまた違った変化を起こそうとして、より強靭になっていく。 当社がアパレルの開発において大切にしてきた「人間が本来持つパフォーマンスを引き出す機能開発」という発想のもと、シューズの機能性に走りを合わせるのではなく、日本人の足、日本人の走りに合うシューズの機能をデザインすることを追求しました。 現在、特設サイトや一部店舗では予約を受け付けており、12月13日から直営店を中心に販売を開始する。 5 注文から2〜7日後より順次発送 25 注文から2〜7日後より順次発送 25. こちらもまたグラフェンソールによってグリップ力に優れ、もちろんフィット感も良いが、3つのシューズの中では1番ダイレクトに接地の感触を味わえた。 0cm片足):約200g 商品特徴: ・ELよりもサポート性を向上。 (ファイロンについてはの記事を参照してください) また、中足部から後足部が真っ平らといった感じです。

次の

デサント「GENTEN」シリーズ 薄底シューズ考察

デサント ランニング シューズ

ぴったりサイズであればまた違ったかもしれませんが、やはり履き口部分がナイキより大きめなところが私には気になったところです。 ランニングシューズに必要なことは地面を蹴る力を無駄なく、安定して推進力に変換すること。 0cm 片足重さ】約200g GENTEN-ST 安定性を重視したサブ4レベルの一般ランナーのレース用、練習用および一般シリアスランナー、エリートランナーの日々の練習用シューズとしても対応する汎用性に優れた一足。 グラフェン素材は鉄の200倍の強度がありながら、原子一層分の薄さと軽量性を持ち、さらに曲げ伸ばし・折り畳みが可能な『夢の素材』です。 3モデルは11月15日から公式サイトや一部の店舗で先行予約を実施し、12月13日に直営店やスポーツチェーン店などで発売する。 現在は故障中で怪我の治療の専念されているとのことですが、復活してこのシューズを履いて活躍されるのが楽しみですね。 ミニマルデザイン ランニングシューズに必要な機能性(ホールド性・軽量化)を最小限のデザイン・意匠性にすることで実現。

次の

コレが速く走るためのシューズだ! デサント GENTEN 原点【評価・レビュー】

デサント ランニング シューズ

EL同様フィット感は抜群ですが、このGENTEN-RCでもまだ庶民には敷居が高い感じ。 0cm 片足重さ】約188g GENTEN-RC フルマラソンでサブ3(3時間切り)レベルのシリアスランナーのレース用、エリートランナーのトレーニング用シューズとしても最適なハイパフォーマンスモデル。 そんなGENTENシリーズとして発売されたのは3種類のモデルです。 今は故障中ですが、このシューズを履いて走るのが楽しみ』 — SUSHI MAN sushimankawarai スポーツギアとしてはアパレルやアクセサリーのイメージが強いデサント。 サイズは26. 5cm~29. 0cm(0. 10キロやそこらに使うなら良いでしょうが、フルマラソンや、ましてやウルトラマラソンでの使用などありえません 笑。

次の

デサントランニングシューズ

デサント ランニング シューズ

これ以外にも、ランとカジュアルシーン兼用のモデルであるDR-MOVE(DR-ムーブ)、グローバル企画のトライアスロン向けモデル、韓国発信でグローバル展開されるシューズコレクションもありますが、ランニングカテゴリーにおいて日本で特に注力するのは、前述のようにGENTEN-EL、GENTEN-RC、GENTEN-STの3モデルとなります。 なかでも、デサントがこだわりを持って開発したのがフィット感を高めること。 (快く対応くださったデサントフットウェア開発部の長尾様 本当にありがとうございました) 試作品からまた進化している! GENTENのコンセプトは、 「新・薄底、新感覚の推進力~日本人ランナーの足を創る~」 ランナー自身の足で地面を蹴る力を無駄なく安定して推進力に変換する 走るための当たり前の機能をシンプルに表現する 「人間が本来持つパフォーマンスを引き出す機能開発」という発想のもと、シューズの機能性に走りを合わせるのではなく、日本人の足、日本人の走りに合うシューズの機能をデザインすることを追求して約2年かけて開発されました。 そんな会社が本気でランニングシューズを作るということで、プレスリリースが行われました。 デサントジャパン株式会社・代表取締役社長の小川典利大氏は「あくまで中期的なビジョンで、デサントブランドのランニングシューズを普及させる」と力強く話した。 また、ミッドソールの踵側半分を前足部よりも厚くし、中足部になめらかな段差を作ることで高い推進力を実現したほか、アウトソールには、子会社のINOVEIGHT LTD. 5 注文から2〜7日後より順次発送 23 注文から2〜7日後より順次発送 23. 0cm 【27. デサントジャパンの小川典利大代表取締役社長は「ランニングシューズ市場はレッドオーシャンで簡単にいかないことは承知している。 これによって 接地時や蹴り出しの瞬間はしっかり地面を捉え、重心移動が起こっている立脚中期には前への推進力が生まれるようになっています。

次の