N n ジメチル ホルムアミド。 DMA(N,N

CiNii Articles

n n ジメチル ホルムアミド

P233 容器を密閉しておくこと。 000 description 6• ネロリドール(II)に対するN,N-ジアルキルホルムアミドジメチルアセタール(III)のモル比は、原料(N,N-ジアルキルホルムアミドジメチルアセタール(III))の回収率が高く、かつ、目的のN,N-ジアルキルホモファルネシル酸アミド(I)を高純度かつ高収率で得る観点から、1.5~3である。 容器を接地すること/アースをとること。 238000005365 production Methods 0. 原料に用いたネロリドールに対して)と回収DMF-DMA量(モル%。 ミスト、蒸気、スプレーを吸入しないこと。

次の

アミドとは

n n ジメチル ホルムアミド

239000007848 Bronsted acid Substances 0. 000 description 1• C07— ORGANIC CHEMISTRY• ギ酸のアミドであるホルムアミドHCONH 2は液体であるが、これ以外のアミドはいずれも無色の結晶である。 皮膚を流水/シャワーで洗うこと。 吸入:ガス GHSの定義による液体であるため、ガスでの吸入は推定されず、分類対象外とした。 酸解離定数 Pka : -0. 239000000243 solutions Substances 0. C07C— ACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS• C07— ORGANIC CHEMISTRY• <1> ネロリドールとN,N-ジアルキルホルムアミドジメチルアセタールとをN,N-ジアルキルホルムアミドジメチルアセタールが還流する条件下で反応させて、N,N-ジアルキルホモファルネシル酸アミドを製造する方法であって、 ネロリドールに対するN,N-ジアルキルホルムアミドジメチルアセタールのモル比が1.5~3であるN,N-ジアルキルホモファルネシル酸アミドの製造方法。 粉じん/煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーの吸入を避けること。 ln the case of N-methylformanilide, electrolytic benzoxylation did not occur, and this fact might be due probably to the presence of ev-phenyl group to nitrogen atom. 238000000926 separation method Methods 0. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed. 還流比は、反応を速やかに進行させ、得られるN,N-ジアルキルホモファルネシル酸アミド(I)の純度を高める観点から、3以上が好ましく、5以上がより好ましく、8以上が更に好ましく、9以上が更に好ましく、10以上が更に好ましい。 使用前に取扱説明書を入手すること。

次の

WO2014061470A1

n n ジメチル ホルムアミド

000 description 2• 2013-10-04 JP JP2013209087A active Active• 容器が熱に晒されているときは、移さない。 皮膚及び身体の保護具 適切な保護衣を着用すること。 該当しないものは、違法操業になります。 消火後再び発火するおそれがある。 000 description 2• 皮膚腐食性及び皮膚刺激性 【分類根拠】 (1)〜(6)より、本物質は刺激性を有するとの複数の証拠があることから、区分2とした。

次の

職場のあんぜんサイト:化学物質:N,N

n n ジメチル ホルムアミド

また、原料の回収率を高める観点から、ネロリドール(II)に対するN,N-ジアルキルホルムアミドジメチルアセタール(III)のモル比は、1.7~3が好ましく、2~3がより好ましく、2~2.5が更に好ましい。 229930004077 nerolidols Natural products 0. 事業場において記載するに当たっては、最新情報を確認してください。 しかしながら、N,N-ジアルキルホモファルネシル酸アミドを高純度で得るためには、非特許文献1に示されるように、ネロリドールに対して、高価なN,N-ジメチルホルムアミドジメチルアセタールを大過剰(例えば、ネロリドールに対して840モル%)に加えて反応させる必要がある。 また、本発明の方法によれば、N,N-ジアルキルホモファルネシル酸アミド(I)の収率および純度ならびに原料(N,N-ジアルキルホルムアミドジメチルアセタール(III))の回収率も高いことから、前記のような高純度のN,N-ジアルキルホモファルネシル酸アミド(I)を効率的に製造することができる。 溶解性: Miscible with acetone, benzene, alcohol and ether. 本発明の反応は、ネロリドール(II)とN,N-ジアルキルホルムアミドジメチルアセタール(III)とをN,N-ジアルキルホルムアミドジメチルアセタールが還流する条件下で行う。 生殖細胞変異原性 CERI・NITE有害性評価書 No. 229930008112 Nerolidol Natural products 0. なお、日本産業衛生学会(1991)は第2群B、IARC 71(1999)がグループ3、ACGIH-TLV(2001)がA4に分類しているが、これらの評価にはこの試験結果は含まれていない。

次の

WO2014061470A1

n n ジメチル ホルムアミド

Diethylforamide• 229910001510 metal chlorides Inorganic materials 0. 000 description 2• 000 description 1• 238000005755 formation Methods 0. 合わせた有機層を飽和食塩水で洗浄後、乾燥、溶媒留去して橙色固体694gを得た。 150000008282 halocarbons Chemical class 0.。 皮膚感作性 【分類根拠】 (1)〜(3)より、感作性陰性を示す複数の証拠はあるが、感作性の有無を判断する十分な情報が得られず、分類できないとした。 000 description 1• 保護手袋/保護衣/保護眼鏡/保護面を着用すること。 適切な呼吸器保護具を着用すること。

次の

WO2014061470A1

n n ジメチル ホルムアミド

The steric effect of N-alkyl groups was conspicuous. 『アセチル』は炭素数2のカルボン酸である酢酸 英: acetic acid お酢から発見されたのでラテン語のAcetum 酢 から。 000 claims description 3• 前記式中、Rは、アルキル基であり、好ましくは炭素数1~6のアルキル基であり、より好ましくは炭素数1~3のアルキル基であり、更に好ましくはメチル基又はエチル基であり、より更に好ましくはメチル基である。 000 claims abstract description 53• 特別な安全上の対策 道路法、消防法の規定によるイエローカード携行の対象物 その他 一般的 注意 化学品を扱う場合の一般的な注意として、輸送に際しては、直射日光を避け、容器の破損、腐食、漏れのないように積み込み、荷崩れの防止を確実に行う。 屋外又は換気の良い場所でのみ使用すること。 000 claims description 7• 000 title claims abstract description 39• にアンモニアとアミンを用いた反応を示す。 屋外の作業や、有機溶剤を、たまたま、1回だけ使い、その後は、1年以上使用しない場合など、緊急の場合に限ります。 150000007517 lewis acids Chemical class 0. 000 description 4• ですからドラフト内で作業するようにして下さい。

次の

N,N

n n ジメチル ホルムアミド

-禁煙。 2018))。 マウスでは、雌雄に肝臓の肝細胞腺腫、肝細胞癌および肝芽腫の発生増加が認められ、N,N-ジメチルホルムアミドのCrj:BDF1マウスの雌雄に対するがん原性を示す明かな証拠が示された。 容器を密閉しておくこと。 239000008087 N,N-dimethylformamide Substances 0. すなわち、精留塔を用いることによって、N,N-ジアルキルホルムアミドジメチルアセタール(III)が還流する条件を維持しつつ、副生成物として得られるアルコールを効率よく系外に除去することにより、本発明の効果を更に良好にするものである。 Electrolysis of formamides of eyclic amine and N-methyllactams at low current density gave ester-amides in high current effciency. 239000007795 chemical reaction product Substances 0. 発がん性 吸入によるがん原性試験の結果、ラットの雌雄に肝臓の肝細胞腺腫と肝細胞癌の発生増加が認められ、マウスの雌雄に肝臓の肝細胞腺腫、肝細胞癌の発生増加が最低用量の200 ppmから、さらにマウスの雄に特に悪性度の高い肝芽腫が認められ、ラット、マウスの雌雄とも明らかな癌原性が示された(厚生労働省委託癌原性試験,2000)。 ではなぜこれらの名前がカルボン酸の炭素数と対応しているのか、ということですが、その由来はそれぞれの炭素数のカルボン酸の名称 慣用名 から来ています。

次の

N,N

n n ジメチル ホルムアミド

直訳すれば"お酢の酸" 『ホルム』は炭素数1のカルボン酸である蟻酸 英:formic acid 蟻から発見されたので、ラテン語のFormica 蟻 から。 000 description 2• 気分が悪い時は、医師の診断、手当てを受けること。 n,n-diethyl-formamid• 潮解性のある白色の結晶性物質。 (精留) 本発明において、N,N-ジアルキルホルムアミドジメチルアセタール(III)が還流する条件で反応を行う際に、精留塔を用いて、副生成物として得られるアルコールと原料であるN,N-ジアルキルホルムアミドジメチルアセタール(III)とを分離しながら、反応を行うことが好ましい。 3 直後の制御風速測定、定期自主検査での測定により、法律で定められた制御風速を満たしているもの。 238000009835 boiling Methods 0. 000 description 1• まぁ化合物としての違いとも言えますが、構造的に両者が似ていることも構造式を見れば事実です。

次の