Cod ハード ポイント。 【CODMW】ハードポイントのローテーション場所8マップ

ハードポイントのルール詳細と攻略法。おすすめクラス・戦略・コツ

cod ハード ポイント

その為、拠点が移り変わる時間が近づいてきたら前もって次の拠点場所に陣取る事が重要です。 リスポーン操作は、マップごとのリスポーン地点などを熟知する必要がある上級テクニックですが、うまくできるようになれば勝率が大幅に上がるはずです。 ・オブジェクトの周辺。 ランクマッチでハードポイントをプレイしてきて感じた勝つための方法について紹介したいと思います。 ドミネとは違い拠点に留まっている人数によって取得スコアが変わることはありません。 ですので、初動はハードポイントを一方的に狙える有利ポイントに、エリアから少し遠くても移動したり、エリアをとった見方を狙っている敵に対して射線が通る場所に移動したり、裏どりしてエリアを狙ってくる人を返り討ちにしたり、といった判断をする必要があります。

次の

COD:MW ハードポイント完全攻略「全拠点 出現順序マップ」

cod ハード ポイント

防衛用のタレットを置かれる場合もあるので、対策としてブラインドアイ系パークやEMPグレネードを含む装備も用意しておきましょう。 ハードポイントで使えるアイテム ハードポイントで使えると感じているアイテムについて紹介します。 なので、ローテーションを覚えることはそれほど難しいことではないと思って、あまり気負わずにプレイしていきましょう。 リスの管理は、味方全員の位置が関係してくるため難しいですが、できれば拠点をかなり取りやすくなります。 移動も速い方が良いので、サブマシンガンが武器の中で特にオススメで、その中でもPDWやMSMCがハードポイントでは特に使えそう。 ガンガンスコアストリークを発動させることができれば、戦いやすいですし拠点も取りやすい。

次の

《CoDモバイル》ハードポイント紹介。勝つための攻略法について!

cod ハード ポイント

オペレータースキル• 裏の通路を確保できれば戦いやすくなります。 拠点を固めたら突っ込みすぎない! 拠点を占拠してリス位置も理想的な地点にしたのであればこちらから突っ込む必要はありません。 敵をキルすることが目的ではなく、第一目的は拠点の奪取&維持。 なのでわざわざ覚えるのが面倒だという方や初めてプレイするマップでローテーションが分からないと言う方におすすめです。 また、各コース決まった順番で拠点が更新されます。

次の

【CoD:BO4】HARDPOINT(ルール)

cod ハード ポイント

・2番目の地点! 2番目ではどちらかのスポーン地点に近い位置になっている所が多いです。 等の戦術が必要になってくるでしょう。 より多い人数で一気に次の拠点に向かうことでリスを拠点近くに変えることも可能。 ハードポイントの基本ルール詳細 ハードポイントを制圧しよう 指定されたエリア(ハードポイント)を長く確保することが目的のルールです。 四方八方から狙われるのでエリア確保してもすぐに倒されてしまうので野良の場合は気をつけるべきです まとめ 野良でする際に取るエリア、取らないエリアと考えてプレイするのも作戦の一つです。 その為、大体のマップでは中央付近から始まる所が多いです。

次の

【CoDモバイル】全マップのおすすめ立ち回り解説【コールオブデューティモバイル】|ゲシピ

cod ハード ポイント

敵を倒すことも大切ですが、意識としてはハードポイントの奪取、及び防衛を第一に考えるべきでしょう。 どのスコアストリークでも使えるだけで効果があります。 具体的なやり方としては、 「ハードポイント近くのマップ端にできるだけ長く居座る」だけです。 自分だけで拠点を取れれば大きい。 オペレータースキル(特にウォーマシーン)の使い方が、1つの拠点を最後まで取れるぐらいの効果があり勝敗につながってきます。 ヘッドクォーターに似ているが、プレイヤーのチームがハードポイントを制圧していたとしても、リスポーンはできない。

次の

【CoDモバイル】ハードポイントやってるとエリアと全然違うところに突撃して散っていく仲間たち・・

cod ハード ポイント

CODシリーズにはリスポーン位置を決定するロジックが存在しており、例えば次の条件でリスポーンするとされています。 リスが拠点の近くだと自分が死んだとしてもすぐに拠点に向かうことができます。 このようにリスポーンを上手にコントロールすることで試合を有利に運べるようになるでしょう。 拠点内の敵を排除し、 自軍のプレイヤーのみの状況で時間スコアが加算されます。 できる限り多くポイントを取ることが重要で、敵の侵入を防いでいればポイントをより多く取ることができ、勝ちにつながります。 1秒につき1ポイント入り、合計150ポイントに到達したチームが勝者となります。

次の