西武 鉄道 運行 状況。 西武鉄道Webサイト

近畿の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

西武 鉄道 運行 状況

- 小川変電所使用開始。 踏切支障報知装置の注意書きをこの年、全箇所の踏切で更新。 兄弟会社であったプリンスホテル(旧)の不動産物件はほとんど西武鉄道の所有であり、プリンスホテル社は運営のみを行っていた。 同年夜から普通貨車による糞尿運搬の臨時運転を開始し、には専用貨車を用いた本運転に入った。 - 新宿線西武新宿駅 - 本川越駅間で急行10両運転開始。 運賃がICカード利用(1円単位)と切符購入(10円単位)に分けて制定され、最低普通運賃はそれぞれ144円、150円。 また、に、小学生以下の子供を同伴する 男性保護者の乗車も認めており、他社には見られない特徴である。

次の

東武線運行情報

西武 鉄道 運行 状況

小児半額・端数は10円単位で切り捨て。 1月28日 - 池袋駅前に建設中の複合ビル「ダイヤゲート池袋」(2月28日竣工 )に、災害時のを収容する協定を豊島区と締結。 )は、にを置くである。 9月1日 - お忘れ物取扱システム導入。 西武鉄道は敗戦後に国鉄から戦災国電や廃用機器の大量払い下げを受けて車両の拡充を行なっていた。 4月1日 - 西武新宿駅にを導入、使用開始。

次の

関東の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

西武 鉄道 運行 状況

ただし、新2000系の試験車モハ2197・モハ2198との機器更新車6156Fのみ製、6000系の機器更新車6157Fおよび2016年度以降に導入される40000系は製 となっている。 2月に使用を開始し、最盛期には50種類が存在していた。 - 使用開始。 東武線運行情報 現在 本線 日光線特急 平常どおり運転しています。 12月 - 西武最初の黄色電車だった(製造当初は西武イエローと西武ベージュのツートンカラー)が多摩川線以外の各線(ただし、西武有楽町・山口線は登場当初から走ったことがない)での運用終了。 - 抵抗制御・発電ブレーキ(101系からの流用)で製造したのち、素子VVVFインバータ制御に改造。

次の

関東の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

西武 鉄道 運行 状況

この糞尿輸送列車は、 「汚穢電車」 「黄金電車」「黄金列車」などと呼ばれた。 『川越アクセスきっぷ』の発売開始に伴い、2014年3月31日をもって発売終了。 8月1日 - レッドアローの1編成6両中、3両が化、も設置。 10月1日 - 特急レッドアローを完全禁煙車化。 一方、(大正13年)に箱根土地(後の。

次の

西武鉄道Webサイト

西武 鉄道 運行 状況

西武グループ企業倫理規範が制定されるに伴い西武鉄道企業倫理規範が廃止される。 12月15日 - ダイヤ改正で新宿線から朝ラッシュ時上りのみの「快速」廃止。 - 急緩行列車選別装置使用開始。 5月9日 - 池袋線・新宿線に導入。 2月1日にコクドがプリンスホテルと合併• 過去の車両• 客用ドアの窓ガラスの真ん中に外側から貼られており、「開くドアーにご注意」「手を引きこまれないように [西武鉄道]」と注意書きが書かれている。

次の

西武鉄道Webサイト

西武 鉄道 運行 状況

同年10月に判決を受け、2009年10月に期間満了となった。 車両は40000系を使用。 2008年9月より5ヵ年計画で整備をする。 なお、2013年3月21日の報道でサーベラスは、「路線廃止や球団売却などを強要したことはない」と否定している。 9月 - 「西武ライオンズ '90パリーグ優勝記念乗車券」発売。 最低普通運賃30円。

次の