枕草子 大納言 参り た まひ て。 枕草子大納言殿参りたまひて293段品詞分解

枕草子大納言殿参りたまひて293段品詞分解

枕草子 大納言 参り た まひ て

念じ=サ変動詞「念ず」の連用形、我慢する、耐え忍ぶ。 ただ垣を隔ててはべれば、夜殿(よどの)に寝て侍りける童(わらわべ)も、ほとほと焼けぬべくてなむ、いささか物も取う出はべらず」など言ひをるを、御匣殿も聞き給ひて、いみじう笑ひ給ふ。 たり=存続の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 いかが=副詞、どんなに ~か。 」と言って、お歩きになりながら、 「 遊 ゆう 子 し なほ 残りの月に行く。 いや、褒めずにはいられない)。 おやすみになる。

次の

『中納言参りたまひて』 枕草子 わかりやすい現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

枕草子 大納言 参り た まひ て

大殿籠る=ラ行四段動詞「大殿籠る(おおとのごもる)」の終止形、「寝る」の最高敬語。 作者からの敬意。 夜中の頃に、廊下に出て召使いの人を呼ぶと、(大納言・伊周)「局に下がるのか。 いつものように、夜がすっかり更けてしまったので、 御前 なる人々、一人二人づつ失せて、 御 み 屏 びょう 風 ぶ 、 御 み 几 き 帳 ちょう の後ろなどに、みな隠れ臥し ぬれ ば、 御前(おまえ)=名詞、意味は、「貴人」という人物を指すときと、「貴人のそば」という場所を表すときがある。 さて、送りましょう」とおっしゃると、裳(も)、唐衣(からぎぬ)は屏風にうち掛けて行くと、月がとても明るく、直衣が真っ白に見えるのに、指貫(さしぬき)を長く踏みしだいて、私の袖を捕まえて、(大納言)「転ぶな」と言って、連れていかれるまま、「遊子(ゆうし)なほ残りの月に行く」と吟じなさったのが、またとても素晴らしいのだ。 私(=作者)からの敬意。

次の

『大納言殿参り給ひて』の品詞分解(敬語・助動詞など) 枕草子 / 古文 by 走るメロス

枕草子 大納言 参り た まひ て

」と 奏す なり。 こっけいだ、おかしい。 「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。 「本当にちょうど良い歌だ」と、帝も中宮も面白がっておられる。 夜中ばかりに、廊をいでて人呼べば、「下るるか。 私(=作者)からの敬意。

次の

『大納言殿参り給ひて』の品詞分解(敬語・助動詞など) 枕草子 / 古文 by 走るメロス

枕草子 大納言 参り た まひ て

その話を聞いた清少納言は「これまで見たことのない素晴らしい骨だなんて言ってるけど、本当はくらげの骨なんじゃないの?(くらげに骨なんかありませんけど)」と気の利いたことを藤原隆家に言いました。 」 ー と 格助詞 奏す サ行変格活用・終止形 なり。 文末用法。 (しかし。 どうして、どのようにして、どういうわけで。

次の

『大納言殿参り給ひて』の品詞分解(敬語・助動詞など) 枕草子 / 古文 by 走るメロス

枕草子 大納言 参り た まひ て

」とては笑ひ たまへど、いかでか、 なほをかしきものをば。 「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である中宮定子を敬っている。 参考文献 石田穣二『枕草子 上・下巻』(角川ソフィア文庫),『枕草子』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),上坂信男,神作光一など『枕草子 上・中・下巻』(講談社学術文庫) スポンサーリンク [古文・原文] 297段 大納言殿まゐりたまひて、書のことなど奏したまふに、例の、夜いたく更けぬれば、御前なる人々、一人二人づつ失せて、御屏風、御几帳の後などに、皆隠れ臥しぬれば、ただ一人、ねぶたきを念じてさぶらふに、「丑四つ(うしよつ)」と奏すなり。 る=完了の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 大納言殿が、「声、明王の眠りを驚かす(=覚まさせる)。 作者からの敬意。

次の

枕草子『大納言殿参り給ひて』解説・品詞分解(1)

枕草子 大納言 参り た まひ て

に=格助詞、用法は主格。 (清少納言)「夜が明けたようでございます」と、独り言を言ったが、大納言様は、「今更、お眠りなさいますな」と申し上げて、まったく眠りそうなご様子もないのに、あぁダメだ、何でそんなことを申し上げたのかと思うけれど、また人がいれば、誤魔化すこともできるだろうがどうしようもない。 」と独りごつを、 (私が)「夜が明けてしまったようです。 せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。 「いかが」には疑問・反語の係助詞「か」が含まれており、係り結びがおこっている。

次の

『中納言参りたまひて』 枕草子 わかりやすい現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

枕草子 大納言 参り た まひ て

その物はいくらくらいのものなのでしょうか」と言うと、「ただ読めばいいじゃないの」と言う。 奏す=サ変動詞「奏す(そうす)」の終止形、「言ふ」の謙譲語。 の=連用格の格助詞、「~のように」と訳す。 作者からの敬意。 どうにかして。 「明け 侍り ぬ なり。 カ行四段動詞「招(を)く」が形容詞化したもので「招き寄せたい」という意味が元になっている。

次の

枕草子『大納言殿参り給ひて』解説・品詞分解(1)

枕草子 大納言 参り た まひ て

けむ=過去推量の助動詞「けむ」の連体形、接続は連用形。 係助詞「か」を受けて連体形となっている。 」と(時刻を)天皇に申し上げているようだ。 ここでは、人物の意味で使われている。 おやすみになる。 上の御前の、柱に寄りかからせ給ひて、すこしねぶらせ給ふを、(大納言・伊周)「かれ見たてまつらせ給へ。 今は夜も明けているのに、このようにおやすみになられていて良いのでしょうか」と中宮様に申し上げると、「本当に」など中宮様もお笑いになられるが帝は気づかれるご様子もない、長女(おさめ)の童女が、鶏を捕まえて持って来て、「朝に、里へ持って帰ろう」と言って、隠して置いたのが、どうしたのだろうか、犬が見つけて鶏を追いかけたので、廊の間木(まぎ)に逃げ込んで、激しく鳴いて騒ぐので、女房たちも皆、起きてしまったようである。

次の